気がつけばできているシミ|紫外線対策や治療で根治

婦人

効果の持続期間

女医

ボトックス注射が美容クリニックで行われるようになっていますが、このときに注意をしなければいけないことがあります。施術の流れとしては、洗顔を行って検査が行われた後に、実際に注入する量が決められるようになっています。痛みに弱いという人は、施術の際に麻酔が行われるようになっています。アフターケアに関して当日お風呂にはいることはできません。しかし洗顔やシャワーをすることはできるようになっています。効果が現れているかを確認するために、施術後3週間で受診をする必要があります。効果は2週間から3週間で最大となります。しかしここで忘れてはいけないのは、個人差があるということです。効果が持続するのは4ヶ月から6ヶ月程度となっています。

ボトックス注射という方法があります。これは表情を現す筋肉の動きを抑制するという働きがあります。これによってしわを改善することができるようになっています。しわを解消するという方法以外には、多汗症の治療を行ったり、ふくらはぎを細くさせるというような効果が期待されています。日本国内でもたくさんのボトックス注射の施術が行われるようになっていますが、そのときには知っておかなければいけないことがあります。それは施術に関しては自費診療扱いになるということです。したがってボトックス注射に関しては、費用が少し高くなっています。施術の手順は、まず洗顔を行い検査で使用量などを決めます。次に、針を使ってボトックス注射を注入します。